2011年12月26日月曜日

特:稼働原発1割強、九州全機停止

_
video
● TBSニュース




毎日新聞 2011年12月26日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111226ddm002040104000c.html

九州電力:玄海4号機定検、管内の原発すべて停止

 九州電力玄海原子力発電所4号機(佐賀県玄海町、118万キロワット)が25日午後11時1分、発電を停止し、定期検査入りした。
 これにより、九電管内の原発6基がすべて止まり、全国の商業用原子炉54基中、稼働中なのは関西電力高浜3号機など6基となった。
 九電の原発が全停止となるのは、当時1基のみだった玄海原発1号機が定検入りした1980年以来31年ぶりで、複数基体制となった81年以降では初。

 九電の発電電力量の約4割を占める原発が全停止し、再稼働の見通しも立たないため、九電と政府は26日から、年末年始(12月29日~12年1月4日) を除く12年2月3日までの平日午前8時~午後9時、九電管内の全ユーザーに対して前年の最大電力需要比で5%以上の節電を要請する。
 数値を設けた九電管内の節電要請は、石油危機時の74年、政府による15%減の使用制限令以来。
 九電によると、電力需要に対する供給余力を示す予備率は来年1月は0・8%に低下している。






_